授業料の平均相場はどれぐらい?

塾にはお金がいっぱいかかる

子供たちに将来いい学校に行って、将来安定した仕事についてもらいたい。そのために自分のお子さんたちに学習塾に通わせたいという方も多いのではないでしょうか。 しかし、学習塾は授業料だけでも何万円もし、毎月多くのお金が飛んでいきます。また、塾によっては通常の塾の授業の他にも長期休暇の特別講習や一か所に塾生が集まって勉強合宿を行うなど臨時の出費がかかることもあります。 学習塾に子供を通わせる際にはまず自分たちの収入を確認して、自分の家には子供たちが塾に通えるような余裕があるのか熟慮しておく必要があります。 さらにある程度収入に余裕があっても塾の授業料の相場を知っておくと、塾選びの際に非常にお得な塾を見つけることができます。

塾の授業料の平均相場を知っておくべき理由

基本的に塾の授業料は児童が現在学んでいる学校の種類や塾の指導形式、月ごとの授業階数によって授業料は大きく変わるのですが、一般的な集団指導タイプの授業の場合、2万円から4万円が授業料の平均となっています。さらに、個別指導の塾の場合には先生の人件費がかかるために、授業料が集団指導の塾よりも高くなります。 なぜ授業料の相場が大事なのかというと、中学受験のケースを除けば多くの受験の問題は学校で学習する範囲から出題されることがほとんどで特に公立高では、一部の高校を除けば地域で一括した受験問題が出題されることがほとんどだからです。 そのことを考えると塾を選ぶ際には高かろう良かろうと考えることなく、授業料が比較的安い割に進学実績が高い塾を選んだ方がいいですよ。

塾は1つではありません。お子さんに合った塾を見つけるには実際に見学に行くのが一番の方法です。高校受験にとって重要となる中学生の塾をお子さんの為に一緒にみつけてあげてください。