他の生徒とコミュニケーションを取りライバルを作ろう

ライバルを作るためには

塾で効率よく学力を向上させていくためには、ライバルの存在が必要になります。学習塾で周りの人は知らない人だらけという場合にも、積極的に自分から話しかけていくことで、親しくなっていくことは出来ます。他校の生徒と仲良くなることで人脈が広がるばかりか、自分よりも遥かに学力が高かったり成績の良い人を見つけることが可能ですから、その人を目標に勉強をするのが良いでしょう。ただがむしゃらに勉強するのではなく、その人が普段どんな勉強をしているのかなどを聞いてみるのも適切です。塾以外でも努力をしているのか、あるいは塾で学んだことをしっかりと覚えているだけなのか、日頃のライバルの行動を観察することで学力を向上させられます。

お互いのテストの点数を教え合うのも良い

ライバルが出来たらその人とテストの点数を教えあったりするのもよいでしょう。自分が至らない成績だった場合でも、それを教えることでライバルからも点数を聞き出すことが可能です。テストで良い点数を取るために何をやったのかなどをさり気なく聞いてみることで、新しい勉強方法を教えてもらえるチャンスとなりますので、ライバルがテストでどんな成績を残しているかをぜひ確認してみましょう。また塾の中で模試などがあったときにも、お互いにどれくらいの成績だったのかを言い合うことで、切磋琢磨して成長していくことが出来ます。集団指導でも個別指導でも学習塾に通う時にはお互いを刺激しながら成長していくことが出来るライバルを作ることが大切です。